親権の獲得と状況について

夫婦が離婚するのには、いろんな理由があります。
一番多いのは、配偶者の不倫であり、浮気が本気になり、離婚するというケースも多いようです。
子供がいる場合には、夫や妻が家庭を顧みず、愛人宅に入り浸り、帰ってこなくなるのは、子供精神面でもあまり良い影響を与えませんので、やはり別れた法が良いかもしれません。
このような時には、大抵、有責があったほうが親権を放棄して、子供は無責者の妻や夫に引き取られることが多いようです。
その方が子供には良いことですし、もし、愛人と暮らすことになった時には、いろんな問題が生じてしまいます。


そして離婚となる訳ですが、財産分与も子供の親権者のほうが多くもらえるようです。
これから子供を一人で育てていかなければいけませんし、精神的なダメージを受けたことも配慮すれば、多少は有利になったとしても、誰にも責める権利はありません。
これらのケースのほとんどは、夫が有責であり、妻が子供を引き取って育てるということが多いようですが、最近では、妻も仕事を続ける家庭もあり、そこで不倫をしてしまい、家庭を放棄することもあるようです。
いずれにせよ、一番被害を受けるのは子供であり、小さい頃ならばあまり思い出には残りませんが、ある程度大きくなった場合には、鮮明に憶えていることもありますので、精神的なフォローも大切になります。
子供のことも充分に考えて、夫婦でよく話合うことも大事です。

Comments are closed.