別居中の場合について

離婚については様々な事を話し合う必要が有りますので、特に子供のいる家庭においては子供の親権については大きな問題でもありますので離婚の話し合いにおいて親権が決まるまで時間のかかる事が多く見られます。それは別居中の夫婦においても同様であくまでも子供の意思が尊重されますが、親権はこの段階では両方に有りますので離婚の場合はその親権がどちらにいくかはその時の経済力や子供の親に対する信用を鑑みて裁判で決められる事も有ります。


話し合いで決められる場合はそんなに問題は有りませんが、裁判までもつれ込むケースも多くその時は両者の経済力からどちらが子どもを育てる事の出来る環境にあるかが大きなポイントになります。それを考慮した上で子供の意思を尊重して判決が言い渡されますが、その判決の内容によっては子供と同居していた側から一方に移動する場合も有ります。

そこで注意して頂きたいのはこの段階では親権は両者に有りますので、基本的には一方が子どもに会いたいと言ったら基本的には拒否をする事は出来ません。戸籍上はまだ夫婦ですので子供から見ても両方とも親には変わりありませんので、子供の気持ちを誘導したりする行為は道徳上でも親としてはしてはいけないのです。

Comments are closed.